HOME>アーカイブ>墓は勝手に処分出来ない仕組みとなっていることを知りましょう

田舎に誰に住まない環境が来る

お参り

3世代で住むような大家族の形が崩れてしまった今、両親や親戚は田舎に住み、子孫となる人たちは都会に住むと言う傾向が強くなっています。地方の過疎化が進むのも大都市圏で仕事をする人が多くなったことが言われますが、人口の減少も輪をかけていると思われます。そんな地方で起こる現実に、墓じまいがあります。都会で暮らすようになった子孫の方々は、墓を守るだけで地方の田舎へ来ることはなかなか出来ないことになってしまいます。この墓じまいとは、今あるお墓を処分してお寺や霊園に使用権を返還するものです。しかしお墓を勝手に処分することは法律で禁じられていますし、それなりの費用捻出も必要になります。また墓じまいは行政の手続きなどを得ることで可能となります。

田舎での墓参りが大変になる

墓じまいをする理由には田舎には誰も住まなくなり、墓参りだけが必要になったと言うことが考えられます。それならば墓を改めて今住む所の側に立てることで、先祖へのお参りも続けることが可能と言うことから、田舎における墓じまいをするようになって来たと考えられます。この墓じまいの費用においては地域によって違いもみられますが、墓石の撤去や墓所を更地にするためにかかる金額は1㎡約10万円以上になると言われています。更には新しい墓地の場所のためにかかる費用が加わりますので、この場合には場所によっては墓地を決めたり墓石を新たに立てたりすることになるため、数百万円等の費用も予想されます。

無縁仏にならないように

墓じまいとは今ある墓を処分するだけでなく、新たな墓を用意する必要があると言うことです。つまり2種類の行動を起こす必要になることから、費用も多くかかることになってしまいます。また今ある墓もそのまま放っておくことになるとお寺や霊園での管理が出来なくなり、いつの日が無縁仏として扱われることになりますので、注意が必要です。お墓は先祖代々から引き継がれたもので、子孫にもキチンと引き継ぐことが日本にある習慣と言って良いのでしょう。

広告募集中